スポンサーサイト

Posted by 勇者いくお on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマテラスの使命

Posted by 勇者いくお on 07.2011 精神世界 0 comments 0 trackback

以前に、古事記と旧約聖書2の記事である方からコメントを頂いてました。
「伊勢の皇學館大學で上級者向けに、聖書が教科書になっている」

僕も知りませんでした。知らないのは当然なんですが(笑)
宗教そのものには全く興味がなく、調べようとは思っていないのですからね。

それでは何故、神道で聖書なのか?疑問に思う方が多いと思います。
ですが、僕にとってはごく当たり前と受け止めています。神道って割とまともなんだと思った次第です(笑)

前から言ってるように古事記や聖書、各地に残る神話は元は一つである。これが理由ですね。
神話だから人間が勝手に作り上げた話ということではありませんよ。
元は神から与えられた知識に基づいていますからね。
古事記は神話の舞台となった現実世界の場所が分かるように書かれています。
一方、旧約聖書では、悪魔の住む精神世界の存在、場所についての記述がたくさんあります。

だから、上級の神職になるには最低限の精神世界を理解する必要があるということでしょうね。
一般的には記紀と聖書からしか学ぶ資料が現存しないということですね。

本物の歴史書にはこれらよりもはるかに詳しい精神世界の真実が記されているのですが・・・
そう、ゆきおの協力者である篠塚のモデルの女性が持っている歴史書です。

さて、そろそろ本題です。

アマテラスと言えば天岩戸ですね。
岩戸隠れなどというトンデモ話で有名です(笑)
では、何故、天岩戸がこんな話になってしまったのか?それはまた別の機会にしましょう。

僕が天岩戸に拘る理由、それは、岩戸の真実にあります。
天岩戸とは、地獄の第七層「ゲヘナ」の扉のことですからね。

岩戸の番人として存在していたスサノオが悪魔に食われてしまったことが発端です。
それ以後は、アマテラスは何度も転生しては岩戸開きを阻止するために一生を奉げています。

ニニギはアマテラスの孫ということになっていますが、実はアマテラス本人です。
何度も転生していますから、別人と思われるかもしれませんね。
何度転生しようが、人間の本質である生命体はアマテラスだということでしょう。

それで、アマテラスの使命ですが、一つは岩戸開きを阻止すること。
他にもあるようです。遠い未来から遠い過去の地球にタイムマシーンでやって来て、
大勢の黄色人種を日本列島に放った。
この理由が単に未来で家畜として飼われていた黄色人種が増えすぎただけか?

僕の考察では、神のシナリオによる人類救済計画の一端だと思います。
日本、いや、徳島という精神世界の中心的な場所、天岩戸という地獄と繋がる重要な場所を
期が熟すまで隠し守るための任務だったのではないかと考えます。

そういう意味からしても、空海による四国八十八ヶ所の結界も同じことと考えたほうが納得できます。
古代イスラエルの失われたアークを守るなどという小さなことではない。
そんな物にそれほどの価値はないでしょう。

剣山周辺の重要な場所に余所者を立ち入らせない、外国に対しても四国は何もない場所だと印象付ける
必要があったということではないでしょうか。

最近では、徳島のアマチュア研究家の活動が活発になっているようですが、古代史マニアの域を出ない
人が多いように思います。
素直に古事記を読めば、その場所が徳島のことだと分かりますね。
でも、本当に重要な場所はそっとしておいてほしいと思います。

書き始めるときりがなくなるのでもうやめます(笑)


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kaedeikuo.blog133.fc2.com/tb.php/38-883981b4

プロフィール

勇者いくお

Author:勇者いくお
ひょんなことから精神世界を実体験

あなたの知らない真実の世界を紹介

FC2チャット

FC2チャット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。