スポンサーサイト

Posted by 勇者いくお on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の教えと神話

Posted by 勇者いくお on 07.2011 精神世界 1 comments 0 trackback
タイトルだけ見ると凄い感じがするが、内容はたいしたことありません(笑)

神の教えとは、十戒の石版に記されていることだ。
それが全ての宗教の根本的な教えになっている。
それが、人として生きるための指標となっている。

その一方で、神と悪魔の存在について詳しい知識も与えられた。
それが、古事記、旧約聖書、ギリシャ神話、エジプト神話、中国神話等様々な神話の元である。

そこまではいいのだが、時が経つにつれ人間の愚かさ故に、勝手な解釈から様々な宗教に発展した。
本来は一つの教えであったものが、時間と場所の違いだけでは説明できないような
違った教えになってしまったのだ。

そして、民族間の対立、宗教上の対立を生み、さらにそれを利用して征服欲を満たす者まで現れた。
神は人間の愚かさにほとほと困っている。人間が神に愛されているなどという宗教は偽物である。
どんなに立派な理屈を取り繕っていても間違いいは間違いである。
人間の分かっている範囲の歴史を見ても明らかだろう。

地球人類と神や悪魔との真実の歴史を知るには、記紀と旧約聖書を基本とし、
各地の神話も含めて総合的に解釈することが必要だ。
特に古事記にはたくさんの精神世界の存在についての記述がある。
これらの神と各地の神話の神を対比させ、一致させれば、かなり真実に近づくだろう。

神話に精通した方にぜひやってもらいたいものだ。(って他人任せかよ!)
僕には無理ですから(笑)

世の中の諸悪の根源は「天岩戸」が開かれようとしていることにある。
これは南斗星君からの情報であり、真実である。
アマテラスの岩戸隠れの話とは真逆の話である。
つまり、あまりにも分かりやすかった話を分からないようにするために、話を作り替えた際
精神世界のことを解さない人間によるとんでも話になってしまっているのだ。
もし、わかってやっていたのなら後世の人間を迷わせた大罪人と言える。

最後に神は神を崇拝しろとは教えていない
       自然の恵みに感謝しなさい

だから宗教も信仰も必要ないのである。

記紀にも聖書にも真実はありません。

ヴェーダを御存知でしょうか???

世界最古の聖典です。

貴方が真理の探求者ならば、一度触れてみるのも一興かと(゚∇^*)♪

「バガヴァッド・ギーターあるがあま」を是非にお読みいただきたく存じます。

詳細は

giridhari@gmail.plala.or.jp

まで。

無料でお送りいたします。




あなたのしもべ

マーユーリー・デーヴィー・ダーシー


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kaedeikuo.blog133.fc2.com/tb.php/37-23a78932

プロフィール

勇者いくお

Author:勇者いくお
ひょんなことから精神世界を実体験

あなたの知らない真実の世界を紹介

FC2チャット

FC2チャット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。