スポンサーサイト

Posted by 勇者いくお on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球人類の起源

Posted by 勇者いくお on 07.2011 精神世界 0 comments 0 trackback
地球人類の起源については以前にも触れたが、本質の生命体ではなく
物質としての肉体について最新情報から考える。

さて、人類の進化についてはダーウィンの種の起源から、現在のID論まであるが
どれも完全ではないだろう。

すべての生物が地球上で進化したわけではない。またインテリジェンスデザイン
とは言っても学者や一般の人が考えているような、神による創造でもない。
まあ、インテリジェンスデザインと言えるとは思う。
それは、人間の本質である生命体がデザインしているからだ。

では、地球最初の生物は何処からやってきたのか?
これは、太陽系の宇宙空間に浮かんでいた隕石である。
隕石に付着していたアミノ酸が元だそうだ。

ただ、その頃の太陽系に注いでいた、オリオン大星雲からのエネルギーに
問題があったらしい。
オリオン大星雲からは何百万年周期で回転方向の変わる円偏向の光が注いでいる
そうだ。

地球に落ちた隕石で最初の生物の元のアミノ酸は、右回りの方向の光を受けていた。
地球は左回転のエネルギー、銀河も左回転である。
つまり、宇宙の法則に逆らっているということだ。

だから動物は微妙なバランスの上に食物連鎖が成り立ってはいるが弱肉強食
の世界である。
しかし、植物はどうだろう。植物は大地に根ざしている。
だから、地球の左回転のエネルギーを吸収して生育しており、
エネルギー的に地球に同調しているようだ。

人間においても、肉食を避けたり絶食したりすると気の流れが良くなると言われる
理由だろう。

もしも、何百万年か隕石の落下がずれていたら、今よりもましな人類であっただろう。
それでも、基本的には人間の本体である生命体の性質が強いので、全人類が幸せな道を
辿ることはないと考えられる。

アンドロメダを起源とする人類は、戦争により住めない星にしてしまい
星を転々としてきた。火星でも同じようにしてきたのだ。

人殺しは最も重いカルマを生じる。それを延々と繰り返してきたのだから
仕方ない。

そんな生命体が人間の本質である。
いかに元の生命が良いものであっても、宇宙の法則に調和したものにはならない。

神により創造されたなどという話をいつまでも信じるし、神と悪魔の確執に影響
されてきたのである。
もうそろそろ洗脳から解き放たれる時ではないか?

真実を知り、人間の愚かさを知り、信仰も宗教も捨て去り、
私利私欲に支配された世界を変えるときだろう。

人間が変わらなければ地球はそう遠くない将来には、住めない星になってしまう。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kaedeikuo.blog133.fc2.com/tb.php/26-02164ba7

プロフィール

勇者いくお

Author:勇者いくお
ひょんなことから精神世界を実体験

あなたの知らない真実の世界を紹介

FC2チャット

FC2チャット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。