スポンサーサイト

Posted by 勇者いくお on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教は必要か?

Posted by 勇者いくお on 23.2010 精神世界 0 comments 0 trackback
結論から言えば必要ないものである。
しかし、これまでの人類の歴史に於て、悪魔の関与があったので必要悪として認めざるを得ない。

人間とは賢いがとても脆い生き物である。だから心の支えになるものを求めてしまう。
これは神も悪魔もよく理解しており、神は人間に崇拝させる目的で接触した。
一方、神と敵対する悪魔は、常に人間を利用し支配しようと隙を狙っていた。
つまり、人間が真実の神を崇拝している間は悪魔に付け入る隙がないのだ。だから必要悪と言える。

しかし、人間とは愚かである為に、時代とともに真実の神から偶像の神を信仰するようになり、様々な宗教へと変化していった。

やがて、ナザレのイエスが誕生し、青年期には日本を訪れ修行もしたようだ。イエスは人間では稀にみる力の持ち主だったが、サタンでるルシファーの誘惑に負け、悪魔との契約に及んでしまった。
このことがキリスト教誕生のきっかけとなり、ローマ帝国に利用され世界中に広まる結果となった。
キリスト教が広まるにつれ、世の中は乱れ、私利私欲の権化となる民が増えた。
そして、悪魔に支配された人間達の支配はさらに強固なものとなっていった。

さて、他の宗教はどうなのだろうか?
元々、宗教というものは、初期の人類が神とコンタクトしたことから始まっているが、長い時の流れの中で、本来のものとは違ってきた。
真実は闇に葬られ、時の権力者に都合の良いようにねじ曲げられもした。

結局、真実を伝えているものは無いのである。

創造主などというものも、本来、神が意図して伝えたものではなく、人間が勝手に作り上げたものではないのか?

神は平等を重んじる存在です。ただ、自然を司ってはいる。
人間は地球の自然の調和を乱すだけの邪魔な存在ではないか?

実はそうなんです。
「宇宙、自然との調和と融合」これこそが大切なんです。
神を信じるとか信じないとか、そんなことは今は重要ではなくなったんですよ。

万物を思いやる心が大切、だから博愛の精神が必要なんです。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kaedeikuo.blog133.fc2.com/tb.php/10-96113f29

プロフィール

勇者いくお

Author:勇者いくお
ひょんなことから精神世界を実体験

あなたの知らない真実の世界を紹介

FC2チャット

FC2チャット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。