スポンサーサイト

Posted by 勇者いくお on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始めた

Posted by 勇者いくお on 15.2010 精神世界 0 comments 0 trackback
ここでもたまにブログを書きます。昔話から

むか~し昔のそのまた昔の大昔のことじゃった。
地球という星にまだ人間がおらんなんだ時代のお話じゃ。
遠い星からいろ~んな種族の生命体が地球の空高くから生き物はおらんかと見ておったそうじゃ。
じゃが、十分に進化した生物はおらなんだ。
早う生物の体に入らんと生命体が消滅してしまうと焦っておった種族が爬虫類の体に入って行ったんじゃ。
じゃがな、賢い種族もおって、もうそっと進化するまで待った者もおったそうじゃ。
爬虫類に入った種族はな、一生懸命それは必死に内側から進化させていったそうじゃ。
やがて哺乳類に近い生き物が現れた頃、残りの生命体も次々に入ったそうな。
こうして、高度に進化した動物が現れると、その動物は増え、また進化を繰り返したそうじゃ。

やがて、猿とも人間とも見える動物が現れると他の動物には入らなくなったそうじゃ。

その後も生命体は元々の体と同じ体を求めて進化させ続けたのじゃ。

なが~い長い時を経てやっと今の人間と同じようになった時のことじゃ。
人間の中には稀に他の人間には出来んようなことが出来るもの凄い能力を持った人間が誕生したそうじゃ。

まだ地球の陸地が1つで
場所の名前も国も無い時代のことで、地球の至る所に人間が生まれておったそうじゃ。

この出来事を見ておった強大な力を持った偉大な存在は言ったそうじゃ。
「なんということだ!人間の中にあのような力を持った者が現れるとは」

「これはまずい!今のうちになんとかして、従順な僕にしておかなければ私達の地位を脅かす存在になるかもしれんな。」

こうして、この偉大な存在は特定の地域の人間にコンタクトしたのじゃな。

「よいか!人間よ、よく聞いておけ!私は神、この宇宙で一番偉大な存在だ。」

神と名乗った偉大な存在は、人間にその力を見せつけ、他の神々の名前やエピソード、対立する悪魔や他の邪悪な存在についての知識を与えたということじゃ。

これからじゃよ、人間が神を崇拝するようになったのは。

神のもくろみはまんまと成功したのじゃよ。

めでたしめでたしじゃな。




つづく。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kaedeikuo.blog133.fc2.com/tb.php/1-8cd92339

プロフィール

勇者いくお

Author:勇者いくお
ひょんなことから精神世界を実体験

あなたの知らない真実の世界を紹介

FC2チャット

FC2チャット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。